サービス業に徹する地方銀行の現状

サービス業として地域に貢献する大垣共立銀行

+ 大垣共立銀行の預金商品

+ 大垣共立銀行の斬新なサービス

+ 大垣共立銀行の総合口座と専用口座

+ 老舗の大垣共立銀行

+ 大垣共立銀行のローン商品

+ 大垣共立銀行の法人向け商品


サービス業としての姿勢を大切にする荘内銀行

+ 荘内銀行(しょうないぎんこう)について

+ 荘内銀行の預金商品

+ 荘内銀行で資産運用

+ 金利の高い荘内銀行のインターネット支店

+ 2度審査に挑戦できる荘内銀行のカードローン

+ ふるさと振興に取り組む荘内銀行


福岡県久留米を中心に地域に深く密着する筑邦銀行

+ 地域への奉仕を企業使命とする筑邦銀行

+ 筑邦銀行の資産づくり商品

+ ライフプランを応援する筑紫銀行のローン商品

+ 筑邦銀行の便利なサービス

+ 筑邦銀行のワークライフバランス

+ 企業の経営をサポートする筑邦銀行


お客様のいちばんに取り組む熊本銀行

+ 地元に貢献する熊本銀行

+ 熊本銀行の金融商品

+ 熊本銀行のローン商品

+ 熊本銀行のインターネットサービス

+ 熊本銀行の便利でお得なサービス

+ 熊本銀行のCSR活動


静岡県で存在感を発揮する清水銀行

+ 地域密着型金融として貢献する清水銀行

+ 清水銀行でお金を貯める

+ 清水銀行で資産運用

+ 清水銀行でお金を借りる

+ 清水銀行インターネット支店

+ 清水銀行の人材育成




サービス業としての姿勢を大切にする荘内銀行

2度審査に挑戦できる荘内銀行のカードローン

荘内銀行ではラインナップの豊富な住宅ローンの他、各種ローンとしてフリーローン、シニアローンなどを展開しています。その中でも「ドリームコンシェル」は、業界でも注目のスタイルのローン商品です。

「ドリームコンシェル」には、マイカープラン、学資プラン、フリープラン、リフォームプラン、カードローンプランの5つのローンプランがあります。「ドリームコンシェル」の各プランは、借入金額が10万円から500万円以内、借入期間は最長で10年(カードローンプランは原則1年ごとの更新)、保証会社はフィデアカード株式会社、など条件が共通しているので、選択がしやすくなっています。

「ドリームコンシェル」の特徴は、再審査というシステムがあることです。まず「ドリームコンシェル」で仮審査を受け審査に落ちても、自動的に「ドリームコンシェル・リトライ」で別の保証会社での再審査を受けることになります。仮審査に落ちてもまだ融資を受けられる可能性があるというわけです。「ドリームコンシェル」の仮審査は、インターネットやFAXで24時間いつでも申込めます。

「ドリームコンシェル」と「ドリームコンシェル・リトライ」では、保証会社と金利が違います。「リトライ」の保証会社のほうが審査基準の条件が緩いなど審査に通り易くなっていますが、金利の下限が高く設定されています。リトライで審査が通っても、返済金額が高くなってしまうこともあるのです。申込む前にリトライになったことも想定して考えておかなければなりません。ただし、仮審査時点で審査に通らなかったら、正式申し込みはしないという選択肢もあります。

荘内銀行には「ドリームコンシェル」とは別に、最大1000万円まで借りられる「フリーローン1000・カードローン1000」や、100万円以下なら所得確認資料が不要なカードローン「べんリッチプラス」などがあります。どのローンもパート・アルバイト・主婦でも手軽に申し込めますが、延滞すると高い利率の延滞金を支払わなければならないので、注意が必要です。

CopyRight 2017 サービス業に徹する地方銀行の現状
Design by ホームページキッチン